top of page
12,広重/木曽街道六十九次・新町

12,広重/木曽街道六十九次・新町

『木曽街道六十九次』は渓斎英泉と歌川広重のコラボレーションによって描かれた浮世絵木版画の連作です。旅の起点である東京日本橋から京都三条大橋を結ぶ中山道ルートの宿場と四季折々の風景描写70枚をお楽しみ頂けます。

 

江戸日本橋から中山道の宿場を辿りつつ、この新町が初めての広重の図です。

図の遠方に見える橋は、現地調査した時、虚空蔵橋ということになりました。

文政版の『木曾路名所図会』には、「柳瀬川、烏川、甘楽川、確氷川などと落合う。宝暦九年(一七五九) より定わたし舟となり運賃御定。本馬十五文、軽尻十二文、人足十文なり」と記されています。

川幅からいって、この温井川にそそぐ川でしょう。また『図会』に「左の方に赤木山見ゆる。富士峯に似たり」とあるが、広重はこの図中にその記事そっくりの藍の赤城山を描いています。

 

木曽街道六十九次

監修/樽崎宗重

サイズ 33.1×24.5

マットサイズ

額装サイズ

用紙/越前生漉奉書

顔料/純日本製

摺法/純手摺木版画

製作/梶川工房

発行/山田書店

    ¥4,400価格
    料金オプション
    12,新町
    サブスクリプション
    ¥4,400キャンセルまで、毎月
    bottom of page